若々しい印象を保ち、おしゃれなヘアスタイルを楽しむため、大人の女性に白髪染めは欠かせません。

自宅で白髪染めを使う女性が増えたことで、手軽に染められる市販の白髪染めが増えていますが、そのような製品は染める力が強いため、頭皮や髪にトラブルを引き起こすこともあります。

市販の白髪染めを選ぶときには、カラーや染めやすさだけでなく、安全かどうかにもこだわりたいものです。

安全ではない白髪染めを使うと、どうなるのでしょうか。

ちょっとかゆくなるだけ?赤くなるだけ?その程度なら、合わないシャンプーを使ってしまったときにも、そんな症状が出ることがありますが、安全でない白髪染めを使用した場合には、もっと深刻なアレルギー反応が出てしまうことがあります。

多くの市販の白髪染めには、化学物質が配合されていますから、アレルギー反応を引き起こすリスクは低くないんです。

中でもとくに危険なのが、パラフェニレンジアミンという酸化染料。

通称ジアミンと呼ばれる物質で、市販の白髪染めのほとんどに配合されていますが、美容師さんにも要注意成分と認識されている心配な成分です。

ジアミンアレルギーを起こしてしまうと、呼吸器に影響を与えることもあるため、安全性が高いとは言えません。

それなのになぜ、このジアミンが多くの白髪染めに配合されているのかというと、髪を黒くする力がとても強いからです。

白髪染めには欠かせない成分ですが、頭皮に刺激やかゆみを感じる原因になりやすい物質で、安全を考えるならジアミン使用の白髪染めはあまり使いたくないのが正直なところ。

でもほとんどの白髪染めにジアミンが入っているなら、どうやって避ければいいの?と思われるかもしれませんが、ジアミンが入っていない安全な白髪染めもあるんです。

ポイントは、自然由来の染料を使った白髪染めを選ぶことです。

自然の成分なら絶対に安全だというわけではありませんが、化学染料の白髪染めよりは安全性が高いと言えます。

ジアミン入りの白髪染めは今まで何度も使ってきたから安全性は大丈夫、と思っている人も油断は禁物です。

ジアミンアレルギーは、花粉症と同じである日突然発症するもの。

何度もジアミン入りの白髪染めを使ってきた分、体の中に抗体が増えて、アナフィラキシーショックを起こしやすくなってしまうこともあります。

どうしてもジアミン入りの白髪染めを使いたいという場合は、安全を確保するために毎回パッチテストを行うようにしましょう。
安全な白髪染め